演題募集

演題募集期間

4月20日(金)~8月30日(木)

発表資格 本研究会の趣旨にご賛同いただき、広義のロボットを使用・活用したリハビリテーション、ケアに係わるものであれば、テーマは自由です。
ただし、応募多数の場合は、大会テーマに沿ったものを優先させていただく場合があります。
口述発表の場合も研究大会の参加申込みが必要です。
発表について

発表時間7分、質疑応答3分で予定しています。
当日配布する資料がある場合は、発表者でご準備ください。
その他の詳細は後日ご連絡いたします。

キーワード

演題申し込みに際しては、下記のキーワードより2つ選び申し込んでください。
上肢、下肢、コミュニケーション、機能、ADL、介護機器、 業務支援、その他

申込方法
  • 電子メールのみの受け付けとなっております。
    電子メールが使用できない場合は、事務局へお問い合わせください。
  • 演題登録用紙に必要事項を入力後、事務局宛(rehabilitation@oitatohbu-hp.net)にファイルを添付して送信してください。 件名は「第8回日本ロボットリハビリテーション・ケア研究大会 演題応募」としてください。
    演題登録用紙ダウンロードはこちら(wordファイル)
  • 事例等に関する個人情報の保護・人権擁護につきましては、発表者が十分ご配慮くださいますようお願いいたします。

発表申込及び抄録に関するお問い合わせ

主催・大会事務局

大分県医療介護ロボ・HAL研究会

大分リハビリテーション病院(担当:中原、𠮷武、渡邊)
〒870-0261 大分市志村字谷ヶ迫765番地
TEL 097-503-5000 FAX 097-503-5888
E-mail rehabilitation@oitatohbu-hp.net (発表データは必ずメールでお申込ください)